高崎で餡子がめちゃめちゃ美味しい大判焼きのお店

高崎で餡子が美味しい大判焼きのお店とタイトルに書きましたが、正確には大判焼きではなく今川焼でした。藤岡に本店がある大黒屋は、お店自体は小さな店舗ですが、お客さんが次々に出入りしている高崎で人気おすすめの今川焼屋さんです。

私はここで定期的に買ってますが、ずっとここは大判焼きのお店だと思ってました。でも看板に今川焼って書いてあるから今川焼で間違いなさそうです。ここはb級グルメにふさわしい、たこ焼きとお好み焼きも美味しい高崎市下小鳥町の大黒屋です。

場所は渋川高崎線と高崎環状線が交わるあたり、上越新幹線の真下ぐらいのところにある小さい店舗が大黒屋下小鳥店。

そもそも今川焼とか大判焼きとかどっちが正解もないでしょう。そこで、少し調べてみました。

首都圏では今川焼と呼ぶところが多いみたい。東北、中部、一部の四国、東海地方は大判焼き。北海道はおやき、関西と九州は回転焼きと呼ぶようです。また、広島では二重焼き、兵庫では御座焼きって呼ぶみたい。じまん焼きや小判焼き、太閤焼きって呼ぶ初めて聞く名前もあったので驚いた。こんなに呼び方が地方によって違うのかの思い。

早速、甘い香りがする店内で、いつもの今川焼き小倉餡110円とクリームを注文。今川焼は、小倉、うぐいす、クリームの三種類があります。店内にも食べる小スペースがあり、ここで食べることも出来るようです。私は今川焼をお決まりのテイクアウトですが・・・ね。

大黒屋は人気の今川焼屋さんなんでしょうね。パートらしき女性が次々に今川焼を店内で焼いてます。小麦粉を型に流して手際よく餡を入れて、種類別に焼印を押している。ベテランの職人技を感じる光景だ。

焼いているのを見ると、圧倒的に小倉が多くて、次にクリームとうぐいすだから、たぶん小倉が一番人気なのだと思う。だって美味しいもん!出来上がった今川焼きは袋に入れてもらってテイクアウト。

今川焼きはまん丸で大判焼きと変わらない。でもここは今川焼き。さあ食べよう!

絶妙な餡子は、小倉もクリームも甘すぎず、めちゃめちゃ食が進む感じ。写真のように餡の小倉もびっしり詰まっている。

大黒屋の今川焼はクリームも美味しい。どちらかと言えば薄皮かな。

焼印で今川焼って書いてある。

大黒屋は夕飯までの繋ぎや小腹が空いている時にコスパも良くおすすめできる店ですね。新幹線の下に駐車場もあるので、近くに行ったら寄ってみて下さい。

店名:大黒屋 下小鳥店
住所:群馬県高崎市下小鳥町460-3
電話:027-363-4113
定休日:火曜

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする